からだの楽校について

活動理念

夢、希望、生きがいを持ち、自分の好きなこと、やりたいことを、存分に味わえる「からだ」と「こころ」を作るための「115(ぴんぴんころり)運動」を推進し、人々の幸せに貢献して参ります。

代表挨拶


一般社団法人 からだの楽校代表 挨拶 
指田 知美(さしだ ともみ)

115(ぴんぴんころり)運動で人々を幸せに!

人生100年時代を迎えようとしています。
100年をどう生きるか?と考えた時に、無気力、無感動で過ごすには、あまりにも長すぎて耐えられそうにありません。

私の考える人生とは、ただ「生きる」のではなく、主体的に自分の命を「生きてゆく」ことです。

夢、希望、生きがいを持ち、自分の好きなこと、やりたいことを存分に味わう人生は、喜びと幸福感で満たされます。
家族や仲間とわくわくすることを共有すると、感動が生まれます。
これこそが、主体的に生きてゆくことだと思っています。

そのためには、生涯自分の足で歩き通せる「からだ」と、気力に溢れる「こころ」がなくてはなりません。
からだの楽校では人生の最期まで自分の足で「ぴんぴん」歩き、介護されることなく「ころり」と逝くことを理想としています。

この理想を実現させるために
「115(ぴんぴんころり)運動」を推進し、人々の幸せに貢献して参ります。

「子どもの頃から健康習慣を」

現代の子どもたちは
〇低体温
〇低体力(筋力の低下)
〇折れやすい心

3つの課題を抱えていると感じています。

これらの課題は「姿勢の改善」で解決する。
ということが、1,000人以上の子どもを指導する中で分かってきました。

ぴんぴんころりのためのからだづくりは、
実は子どもの頃からスタートしています。

子どもの頃に身につけた健康習慣は
一生ものなのです。

では、大人になってしまったら 
遅いのでしょうか? 

そんなことはありません。     
誰でも、気づいた時が一番若いとき! 
大人は今日からスタートさせましょう!!
「115(ぴんぴんころり)運動」で生涯自立歩行!!
みなさん自身が最初の一歩を、踏み出してくださることを心から願っています。

プロフィール

フィットネス業界で通算30年以上のキャリアをもち、子どもから大人まで10,000人以上を指導した経験から、『たった一つの習慣で生涯の美と健康が手に入る』「指田メソッド」を確立。

結果を出すトレーナーとして人気、信頼を得ている。

過去には、頸椎亜脱臼、胃がん、変形性膝関節症などを患い入院。
リハビリ、長期の通院、器具を装着しての不自由な生活を経験。

健康の大切さ、ありがたさを心から実感する。

40代半ば。膝の激痛に苦しみ、インストラクター生命が絶たれようとする中、コンディショニングに出会い奇跡の復活!

「同じように不調に悩む方の力になりたい!」と、決意したことが、
現在の活動の端緒(たんしょ)となっている。

経歴・取得資格

1966年生まれ。埼玉県狭山市出身

1987年 東京女子体育短期大学卒業
MACスポーツクラブ入社

1990年 痩身専門のフィットネスクラブへ
店長職を経て指導者養成、研修にあたる
退職後、NHK文化センター
スポーツ専門学校講師
子どもダンスサークルなどを主宰

2013年 自宅サロン開業

2018年 インストラクター養成講座開講

地元ラジオTV出演
朝日新聞コラム監修
公的機関PTA 企業から
講座、講演会の依頼多数

地域の健康づくりに貢献している。

取得資格履歴

エアロビクスインストラクターJAFA/ADI
日本キッドビクス協会教育ディレクター
Fit Club Japan
(イギリス・子どもフィットネス)
認定インストラクター
NCA日本コンディショニング協会
認定トレーナー・インストラクター
JCCA 日本コアコンディショニング協会
認定インストラクターCandy diva認定 
ホリスティツクアロマ整体セラピスト

ピックアップ記事

2020.6.13

からだの楽校について

活動理念 夢、希望、生きがいを持ち 自分の好きなこと やりたいことを 存分に味わえる「からだ」と 「こころ」を作るための 「11…

ページ上部へ戻る